既存商品との比較

数多くまた豊富な種類が発売されている既存の商品と比べて、どのような違いがあるのか。
また、これまで何となく効果があるようにおもっていた既存商品は、実際にはどのような特徴を持つものなのかを知ることで、この“ウィルスクリーンウォーター”の良さをご理解いただけるはずです。

種類 アルコール製品 二酸化炭素製品 次亜塩素酸製品 VirusCleanWater
除菌時間
除菌能力
消臭能力 × ×
非腐食 × ×
非漂白 × ×
非可燃性 ×
有毒ガス
非発生
× × ×
無刺激 × × ×
無揮発 × × ×
環境安全 × × ×
価格

既存商品の問題点

アルコール製品

  • 十分な効果を得るために使用時は乾燥状態で使用しなければならない。
  • 76.9%~81.4%のアルコール濃度でなければ殺菌力がほとんど得られない。
    またノロウィルスには効果がない。
  • エタノールには独自のアルコール臭があるため使用時に注意が必要。
  • 体内に摂取は有毒のために注意が必要。
  • アルコール虚弱体質の人には、影響を及ぼす。
  • 可燃性のため、発火の可能性がある場所での保管、使用を避けなければならない。
    特に噴霧や散布時は引火の危険性があるため避けなければならない。
  • 皮膚の乾燥や手荒れを起こすため、敏感肌や肌の弱い人は特に使用に際しての注意が必要。

二酸化塩素製品

  • 有毒ガスが発生し人体に危険がある。特に呼吸器系障害を起こす恐れがある。
  • 金属腐食により金属製品などへの影響が大きく、電子機器、精密機器などのある場所での使用を避ける必要がある。
  • 漂白作用があるため、色物の繊維、皮革製品等色落ちのおそれのあるものに使用できない。

安定化(水成)二酸化塩素

  • 非常に除菌効果が弱く、消臭剤としての利用レベルでしか効果が発揮できない。
  • 酸類が混ざると塩素ガスを発生するため非常に危険である。

次亜塩素酸製品

  • 金属腐食性があるため、使用後に拭き取り等が必要で金属製品や精密機器などがある場所での使用に注意が必要。
  • 99%以上の除菌効果を得るまでに多少の時間を要する。
  • 強力な塩素臭がある。
  • トリハロメタンなどの発癌性化学物質を生成する。
  • 塩酸などの酸性物質を混ぜると有毒な塩素ガスを発生するために取り扱いに注意が必要。
  • 漂白作用があるため、色物の繊維、皮革製品等色落ちのおそれのあるものに使用できない。
  • 製品の安全性を確保する必要から濃度を抑えているため、除菌効果が低い。

既存商品のさまざまな問題点の解決を目指し理想を追求した商品。
それが“ウィルスクリーンウォーター”です。

  • 細菌・ウィルスなどに接触した瞬間に不活化され除菌効果を発揮するため、空気中に浮遊するウイルスなどにも有効で、液体が乾燥するまで除菌効果が得られる。
  • 金属や繊維、皮革製品等に使用しても腐食することはなく、漂白の心配もない。
  • 塩素特有の臭いもなく無臭なので臭いに敏感な人にも安心して使用できる。
  • 塩素系製品でみられる発酸性物質と混ぜて有毒ガスが発生したり、トリハロメタンをはじめとする発癌性化学物質を生成しない。
  • 塩素系成分で作られているが弱アルカリ性なので刺激もなく、無揮発なので手荒れもなく、肌の弱い方や敏感肌の人も安心して使用できる。
  • 非可燃なので発火の心配がない。
  • 130ml/リットル(ppm)と有効塩素濃度※が高く、塩素除菌力としての効果が非常に高い。
  • 万が一体内に入っても、人体へ害や危険を及ぼす心配がない。

※塩素系成分に表記されている有効塩素濃度の値が大きいほど除菌能力が高い。
 上記内容は、指示に従って使用した場合の状態が前提。