除菌消臭のしくみ

“ウィルスクリーンウォーター”の除菌・消臭方法は細菌やウィルスを不活化させて生息できないようにしてしまうこと。

細菌やウィルスが生息するためにはタンパク質が必要です。
ウィルスクリーンウォーターはこのタンパク質を接触と同時に分解してしまうため、細菌・ウィルスの生息活動に必要なタンパク質が消滅し活動できない状況にしてしまいます。

当然、細菌・ウィルスの生存にはかかせない物質なので、これがなくなってしまえば、細菌・ウィルスはそのまま生存が不可能となり、増殖や感染活動もできません。

強力な細菌・ウィルスも生存メカニズムはほぼ同様のため、優れた除菌効果を発揮します。
もちろんアルコールでは対処できないものや多剤耐性菌をはじめとする様々な細菌・ウィルスに有効です。

また、有機臭についても細菌・ウィルスの活動で発生する臭いが主な原因となるため、この不活化によって消臭効果を得ることが可能になります。

ウィルスを不活性化